keyboard_arrow_right
便利な社員証について

便利な社員証について

私の娘が勤めている会社ではICチップの入った社員証が渡されています。このカードにはとても便利なところが隠れていすのです。まず、毎日ストラップで首から提げているだけで会社への出社、退社時間が管理されるようになっています。これはタイムカードを押す作業時間が省けることと、なにもしなくても勤怠管理ができるので社員も、勤怠管理をしている総務でもとても便利だと思います。また、もう一つ隠れていることがあり、電子マネーの機能もついていて、社員食堂や、会社内の自動販売機などで使うことができる仕組みになっているのです。これは、いちいち財布を持ち歩かなくても、飲み物を買うことができたり食堂で食事をとることができるのでとても便利な機能だと思います。ただ紛失したときには社員証を作成するのに費用が発生してしまうためそういったことには気をつけてもらいたいと思います。


社員証の役割とは一体何か

社員証の役割とは一体何でしょうか?一般的には職務において、外部から一目で分かるところに携行することで、社員の身分を部外者に示したり、名前などをはっきりとさせる役割を持っています。これは名刺交換なしに、部外者が安心して社員や担当者と初対面でも接しやすくする役割も担っています。それだけではなく、近年は出勤や退勤のチェックを確認するICチップを埋め込んだ社員証(カード)によってスムーズな出退勤処理を可能にしている会社も多くなりました。また、そうしたICチップを内蔵させることで、ゲート毎にカードをかざさないとドアを開くことができない仕組みにすることで、社内のセキュリティエリアを細分化して、権限や役割によって入室可能なエリアを決定するなどの方法もとられるようになりました。これによって従来よりもセキュリティーの面や、安全性の保持にも役立てられています。


日常的に活用もできてしまう社員証

最近ではセキュリティ強化により社員証がICカードになっていて専用のゲートに社員証を通さなければ会社の中に入れないという企業も増えてきました。出勤・退勤や入室・退室の情報をICカードに記録することで、社内のPCやロッカーなどの利用を可能にする機能が付加されているシステムもあり、重要なデータの流出防止など高度なセキュリティ性を維持することができます。また、電子マネーをチャージできるタイプや定期券と一体型になっているタイプもあります。これなら肌身離さず持ち歩く必要があるため忘れてしまうこともなく、休憩時間に財布を持たなくてもコンビニやカフェを利用することができたりもします。今まで社員証を常に所持していなければならないのは煩わしいことだったかもしれませんが、日常活用できるアイテムとなってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*