keyboard_arrow_right
社員証におけるルールの異なり

社員証におけるルールの異なり

仕事する場所によって、社員証におけるルールが違っています。仕事をしている時にすぐに見える場所に身に付けておかないといけない厳しい職場もありますので、よく確認するようにしてください。そこまで複雑なルールになっていませんが、一目で確認する事ができるように身に付けておかないと、誰だか判断する事ができないので、他の方に迷惑をかけてしまう恐れがあります。ちょっとしたルール違反によって厳重注意になる事もありますので、気を付けてもらいたいです。特に長い間同じ職場で仕事している方は気持ちが緩んでしまって、ルールや規則を忘れてしまう事があります。ルールや規則を守らないと仕事場全体に悪影響を及ぼす可能性があるので、必ず守るようにしてください。このように社員証におけるルールが設けられている事が多いので、必ず確認してください。


社員証は身分証明の為にも存在している

社員証はその方の身分を証明している場合もあります。特に上司や管理職に就いている方は他の方とは違った社員証を貰う可能性があります。それだけその会社で頑張ってきた証でもありますし、誇りでもあります。誰でも地道に努力すれば上司や管理職になっていけるわけではありません。タイミングも重要ですし、しっかりとした技術を持っていないと中々上司や管理職に就く事ができないので、限られている人材とも言えます。細かく社員証を見る事によって、他の方とはちょっと違っている場合もあります。それだけ会社に貢献してきた社員という事になりますので、現在社員として働いている方は頑張って上を目指していただきたいです。そうすれば時間がかかるかもしれませんが、少しずつ成長していく事ができ、会社内のポジションも少しずつ高めていく事ができます。


社員証で社員の健康管理

企業の健康組合では、医療費の負担軽減のため健康保険組合員である社員の健康管理に力を入れているそうです。特に力を入れているのが、生活習慣病の原因であるメタボリックシンドロームには、厳しく指導をしているそうです。そこでITを使った健康管理システムを導入を検討している企業もあり、体組成計を設置して社員に利用または義務化にしようとしている企業もあるそうです。体組成計とは体重計とは異なり、体脂肪や筋肉量、骨量など人間の体の組成を計測する機械だそうです。ICリーダーが装着されている社員証をかざす事によって、社員情報と測定結果をサーバーに送られデータベースに蓄積されるそうです。ネットにて自分の体重を確認をする事ができ、会社としても社員の健康状態を管理する事ができるので、会社としては社員の健康状態を把握する事ができ、健康が保たれて、医療費を抑える事ができますが、個人の体重や身長の個人データの取り扱いになりますので、システムの導入には慎重に行わないといけないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*