社員証を使用して、会社内に入る

近年ではセキュリティを少しでも向上させる為に、ただの社員証ではなく中に入館に必要なデータが入っている時もあります。これは多くの会社で採用されている方式になっており、社員証で入館できるようにすることで不審者の侵入を防ぐという効果があります。持っていない方は入館する事ができないので、関係者以外は入る事ができません。それだけではなく自身の身分も証明する事ができるので、思っている以上に大切な役割を持っています。会社に勤めている方の多くが社員証を持っており、何処の会社に在籍しているのか一目で確認する事ができるようになっています。それだけではなく入館する為に必要なデータが含まれている事もあり、かざす事によって様々なフロアに行く事ができます。重要な職に就いているほど、セキュリティ性が高いフロアに行く事が可能なケースが多いです。


ICカード付き社員証の活用方法

ICカードの社員証を導入する事によって、社員証として利用するだけでなく、情報漏洩防止機能として使う事が出来るそうです。ICカード対応キャビネットに利用する事によって、機密文書の持ち出しを管理する事ができ、社員の資格によって制限を掛ける事ができ、キャビネットの解錠権限を設定する事もでき、持ち出し制御する事もできます。複合機にもICカード対応機器があり、機密文書のコピーや印刷、FAXなどの制限や管理をする事ができます。出力履歴を管理する事が出来るだけでなく、コピーや印刷のコスト削減もする事ができ、情報漏洩を防ぐ事が出来るそうです。ICカード付きの社員証にはセキュリティ面だけでなく、クレジット機能や電子マネー機能を付ける事によって、社員食堂で利用できたり自動販売の支払いキャッシュレスする事ができ、社員にとっても利便性を高める事が出来るそうです。


社員証を紛失しない為の工夫

社員証を紛失しない為の工夫として、カードケースやホルダーなどに利用すると最小限に抑える事ができます。カードケースやホルダーなど様々なタイプが存在しているので、少しでも紛失の可能性を減らす為に使用していただきたいです。ただし職場によっては、定められているカードケースやホルダーがあるかもしれませんので、定められている場合にはそちらを使用するようにしてください。カードケースやホルダーを安易に考えてしまう方がいますが、とても大切な役割を持っています。カードケースやホルダーを使用する事によって、紛失トラブルを事前に防ぐ事ができます。そこまで高い金額にもなっていないので、ほとんどの方が問題なく購入する事ができるようになっています。このように社員証の紛失を少しでも減らす為に、カードケースやホルダを活用してください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)